プラウド日吉

プラウド日吉
照明も綺麗でアプローチもいいですね

寄りが日吉駅で久しぶりに分譲がでました!とは言え坂道&2車線で狭い綱島街道を14分…さらにアドレスが「箕輪町??」。ん〜最寄りが日吉…といきなり分厚い壁が立ちはだかる感が否めないのが第一印象で。まぁまぁバス利用物件と割り切れば、会社によってではありますが、交通費も出る範囲(徒歩1kmちょい)なので問題解決なのですが、あと数分でも近ければなぁと思わずにはいられません。

 建物はさすがプラウド、重厚感もありデザインもGoodですね。エントランスまでのアプローチもほどよくあり、植栽も多く限られた土地の中で上手にデザインされているのではないでしょうか。夜になるとライトアップも綺麗でした。共用施設も最低限あればよい、「ゲストルーム」、「キッズスペース」、「スタディールーム」が備わっていて、また各施設内では専用のWi-Fiが使えるみたいなので、気分転換できる空間かと思いました。
駐車場は平置きと機械式4段で、機械式の待ち時間は数分とはいえ、むず痒いかもしれません。177世帯中、86台(機械式駐車場67台、平置き駐車場19台うち身障者優先平置駐車場1台)なので設置率は約半分ですね。その他、カーシェアも1台敷地にあり(一般利用も可能)、週末の需要はそこそこありそうな気配がします。駐輪場は326台(2段式78台、スライドラック式177台、特殊ラック53台、子供用18台)と、世帯当たり2台は可能な計算です。

メインエントランス入ってすぐの中庭

 全邸南南西向き、2棟並列した6階建ての構成。棟間隔も約20mを確保しているため、圧迫感も緩和されています。専有面積は全邸70平米以上と、ゆとりがあります。この敷地では建物の高さを20m以内に抑える必要があり、通常20mであれば7階まで建てるところ、6階までと抑えており、二重天井・二重床で各層の天井高が確保されています。また、「プラウド日吉」の最大の強みといえば、日吉駅までは遠いけど、すぐ近くに「Tsunashima SST」ができ、そこへ次世代GMS(総合スーパー)「アピタ横浜綱島店(仮)」が建てられることではないでしょうか。「アピタ横浜綱島店(仮)」次第で、「プラウド日吉」の価値も大きく変わるはずです。

プラウド日吉
平置きと機械式の駐車場

 部屋は全邸70平米以上で、価格は5,500万円弱からとなっていました。70平米あれば3人家族であれば十分なスペースかなと。設備に関してはディスポーザーや食洗機、浄水機能付シャワー水栓、浴室乾燥機、ミストサウナなど、新築マンションであれば最低限ついている設備ではありますが、キッチンとパウダールームには天然石が使われており高級感は担保されていました。そして共用部のオートロックドアは、新ハンズフリーシステム「ラクセス」というものが使われていて、IDキーを持っているだけで、自動的にロック解除されて通過できるシステムになっていました。

 駅までの動線、さらに付け加えると地盤関係の問題もあり、即決を妨げる「プラウド日吉」ではあるものの、綱島駅側には、「Tsunashima SST」、日吉駅側のアピタ跡地には、「日吉箕輪町計画」、これらが完成すると街並みも大きく変貌し、今以上に魅力的な地域になる可能性を感じずにはいられませんでした。

コメントを残す