日吉箕輪町計画 – 進捗情報2017.04.24

吉箕輪町計画について、「快適な住環境を求める会」、「住みよい綱島・箕輪・日吉のまちを考える会」から、近隣住民へ「横浜市によるまち壊しの暴走ストップ 4/25の公聴会にご参加ください」のチラシが配布されました。内容は、、、

●後世に残る街並みにそむくルール
●過大校は放置したまま、保育園も足りない
●過密・過疎現象も起こっている
●朝の東横線、相鉄線の乗り入れでどうなってしまうのか
●その上、この計画で人口が3000人〜4000人も増える、、、

「これが後世に残る街並みか!
横浜市は高さ制限20m、容積率200%を守れ」

3月17日に行われた住民説明会では、賛成の声は一つもなく、高さ20m、容積率200%の制限を守ることを求める声が圧倒的。近隣住民の「60mを認めた根拠は何か?」の問いにも、横浜市は「総合的に判断した」の繰り返しで、住民に対し納得のできる答弁をしないまま、一方的に閉会された。

4月25日(火)午後7時から再開発見直しを求め、日吉南小学校体育館をいっぱいにしましょうというのが、今回のチラシの目的だ。

コメントを残す